FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名著を原書(英語)で読む!

Practical Academiaでは、名著を英語(原書)で読み学ぶ活動を開始します。

最初の名著は、スティーヴン R コヴィー著「7つの習慣」


150px-The_7_Habits_of_Highly_Effective_People.jpg


かつて「7つの習慣セミナー」の専任講師だった私にとっても思い出の一冊。
世界で1000万部も売れた、いや売れ続けてい名著中の名著です。

読んで、理解し合い、どう活かすか応用を考える。

そんな時間を共有しましょう!


開催時期と場所については、現在、調整中です。
PAへの参加方法も含めて近日中にご紹介します。



ちなみに、今後の名著読書で候補にあがっているのは、次の通り。
読み応えがあり、実用的な名著ばかりです。

アラン・コーエン著 「人生の答えはいつも私の中にある」
[I had it all the time]

セメルロース著 「つい怒ってしまう人の心理学」
[Anger Habit]

コヴィー著 「第8の習慣」
[The 8th Habit]

ケン・アイバーソン著 「逆境を生き抜くリーダーシップ」
[Plain Talk]



お問い合わせは、 ok-info@up-lift.jp

Practical Academiaとは?→ 大学設立への思い「Practical Academia 構想」
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

大学設立への思い「Practical Academia 構想」

Practical Academia

Welcome to Practical Academia

沖縄からスタートする「学び」と「研究」そして「実践」の場へようこそ。いまや時代は、ネットでつながれた国境の無いガイヤ的協奏の時代。ソクラテス時代の人生哲学追求を遥かに超える学びと研究が世界規模で展開されてもなんら不思議ではない時代です。可能な限りのあらゆる方法で互いに学び、お互いの最高の力を引き出し合い、輝やかせ合いましょう!Practical Academiaは、新しい形の実践的学びの場を共に創り出すための最高の場と空間です!

Practical Academiaとは?

 Practical Academiaとは、個人あるいはチームによる特定テーマの研究と学びをサポートする共学協学の場と空間です。一つのテーマを徹底的に掘り下げていき、その研究結果を実践で活かすにはどうすべきなのかという具体的な成果にまでつなげ、社会に向けて発信するところまでを支援します。研究とプレゼンの方法、チームワークやマネジメントスキルなどは、PAの講師陣や外部講師から徹底的に学びます。

 また、近い将来は、ネットを使って世界とつながり意見を交換する等、今の時代ならではのアカデミックと実践の奏でる学びのシンフォニーを世界規模でクリエイトしていきます。

将来は、実践教育哲学大学院を設立する構想を持っています。

こんな構想に興味がある方は、一緒にやってみませんか!

※主催:アップリフト リーダーシップセンター(人材育成会社) 協力組織:English Garden(英語学校)


教育への思い

 およそ18年前、私は、日本の教育に一石を投じたいという一心で、アメリカに渡りました。あるアメリカ人医師との出会いが、私をそのような思いに駆り立てたのですが、思うは容易く行なうは難しで、外国の大学院で学ぶ学校経営や教育方法などを理解するのは大変でした。

 しかし、私の専攻が教育学リーダーシップだったこともあって、現場の校長や学長のリーダーシップのあり方に生で触れる機会が数多くあり、日本では得ることの出来なかった様々なことを学ぶことが出来ました。また、参加型の授業のあり方にも、日本の大学の講義とは違う醍醐味を感じ、自分自身でも実際に教壇にたち様々な教授法を試したり開発するという機会にも恵まれました。

 「学ぶということは大変だけど、こんなにも楽しいものなのか」

そう感じた瞬間から、是非、こういう空間いやそれ以上に学ぶ楽しさが味わえる大学を日本に創ろう!そんな思いが湧き上がってきました。それからずっと教育に携わってきて、今、具体的な行動に移るべきまさに「そのとき」だと思っています。

  PA(プラクティカル アカデミア)は、その第一歩です。英語学校でもあるイングリッシュガーデンさんの協力も得て、様々な実践的な学びの場をクリエイトし、質の高い知識と知恵とスキルを「実践で活かせる」形に昇華させるサポートをしていきます。単なる勉強会や講話を聴く場ではなく、テーマを決めて互いに学び合いまさに研究と刺激、そして社会貢献の場としてのPAを一緒に創っていきましょう。


英語教育について

 数年前マレーシアでの会議に参加した際に、中国や韓国などのアジアを含む諸外国の方々が、通訳無しで活発に質問をしたり話に参加をしているのを見て、これは凄い!と改めて思いました。通訳を引き連れていたのは、なんと日本人だけ。私も参加者でもありながら通訳もするという状況でした。

 英語はが必要なときは、出来る人を活用すればいい。それには一理あります。また、英語が出来ることが国際舞台で活躍するための絶対条件ではないということも事実です。しかし、物事を進めるときのスピード感や相手との距離感という点では、やはり言葉の壁は大きなハンディーになってしまいます。通訳を活用するにしても、自分でも出来るけどプロに頼んでいる人とそうでない人とでは、相互理解の正確さに差が生じてしまいます。

 堂々と母国語を話しながら、堂々と国際英語も使いこなせる。そして、深い知識に裏打ちされた広い視野を持ってどこの誰とでも堂々と渡り合える。私は、この沖縄から、いやこの日本からそういう方々が大勢現れて、グローバルの時代に真の平和と豊かさをもたらす素晴らしい影響力を世界中に及ぼして欲しい。心からそう願っています。

 その実現のためには、私自身が持っている時間や才能、人脈も含めて多いにフル活用し最大限の貢献をしていきたいと思っています。これから始まるPAですが、どうぞご協力のほど宜しくお願いいたします。

新里 聡


Practical Academia会員登録の方法の詳細は、追って紹介いたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。